ハイヤーは空港送迎にピッタリ

ハイヤーを利用するのはさまざまな理由から利用されていますが、一番多いのは送迎となっています。そのなかでも、空港送迎に利用されることが多く、空港までの送迎、もしくは海外などから来られる方を出迎える送迎の2パターンがあります。お客様はひとりの場合もあれば、ファミリーなど複数の場合もあるため、空港送迎といってもそれぞれのケースがあるようです。

東京都内の自宅から空港までの送迎の場合は、営業所を出発して自宅に出向き、空港へと送り届けて、営業所に戻ればひとつの業務が終了です。多くは家族もしくは、海外に拠点がある方が自国に帰られるケースとなっています。このような利用をされるお客様の一部はリピーターの方となっており、ハイヤー会社にとってもお得意様といえるでしょう。

空港までにいくときに、お住まいの場所によってどのようなルートが存在するかはそれぞれ違うでしょう。しかし、多くの人は自宅から空港までの距離が遠いようなので、公共交通機関を乗り継いだり、空港専用の直行バスなどを利用したりする場合がほとんどです。どうしても時間がかかってしまいますし、空港に着くまでに疲れてしまうこともあります。ハイヤーを利用すれば、自宅で乗ってしまえば、空港に着くまで乗り換えをすることもないので、とても楽です。もちろん公共交通機関を利用するよりは費用がかかってしまいますが、人数が多ければさほど気にならないくらいだという人もいます。

ハイヤーの空港利用でもうひとつのケースは、空港に出迎えにいくケースです。これは、海外からのお客様を出迎えることが多いので、ハイヤードライバーも気を遣うと思われます。ネームプレートを準備して、待ち合わせ場所ですれ違いが起きないようにしなければなりません。事前に打ち合わせをしていますが、国際便は時間がずれることも多く、なにかとイレギュラーなことが起きるようです。とても気を遣う案件でしょう。

海外からのお客様は日本語ができない、できても片言であることが多いため、ハイヤーなどの専属送迎にされた方が安心です。公共交通機関は乗り換えもありますし、困ったときに言葉が通じないことになると問題もあるでしょう。ハイヤードライバーは、外国語が堪能であり、海外のお客様が利用する言語が使える乗務員が派遣されます。英語から中国語、韓国語、フランス語などあらゆる言語が話せるドライバーが在籍しているので、海外からのお客様も安心してハイヤーを利用できるのです。