ハイヤーを社用車として使う企業が増えています

ハイヤーを社用車として利用する企業が増えているとのこと。これまで企業が直接雇い入れをしていた運転手を廃止し、外部のハイヤー会社に運転手と車両を依頼するという方法を取っていると聞きます。どうしてこのようなスタイルが取られるようになったかというと、多くは企業の経費削減によるものです。リーマンショック後から、企業は経費削減を考え、その結果運転手を外部に依頼するようになりました。外部に依頼することによって、必要な人数を必要な時間帯だけ契約することもできますし、車両そのものの購入費と維持費がかからないことも大きな経費削減となっています。人件費の経費削減にとどまらないことから、かなり大きな経費削減になっているようです。

とくに、東京都内近郊の企業となれば、駐車場代だけを考えてもかなりの経費となります。企業によっては車両をかなりの数そろえていた場合もあるため、その効果はかなりのものとなるでしょう。また、ただ経費を抑えるだめだけではなく、外部に依頼することは最初のうちは心配もあったかもしれませんが、そこは信頼できるハイヤー会社を企業側が見つけることにより、心配は満足に変わっていったようです。

というのは、ハイヤー会社にはかなりの数のドライバーが在籍しています。会社によっては数十人程度ですが、大きなところでは数百人単位のドライバーがおり、日々さまざまなハイヤー業務にあたっています。そのなかで、企業の社用車としての業務を任せられるドライバーというのは、実績があり信頼できる人物に限られます。企業からの評価はこのドライバーにかかっているからです。企業対応のドライバーを任せられる人物というのは、ビジネスマナーをわきまえていることはもちろん、守秘義務もかならず守れる人物に限られます。また、所作が丁寧でなければ、企業の重鎮に対して失礼な態度を取ってしまうかもしれません。

このほかに、ハイヤードライバーであるため、運転技術の高さは当然のこととはいえ、そのなかでも選りすぐりの人物に限られるでしょう。ときには、企業から頼まれて、ゲストの送迎などの依頼があるかもしれません。その場合にも失礼のない対応ができる人物でなければ、企業の信頼そのものを損ねることになってしまいます。業務としては、日々の通勤の送迎から、営業回りをする際の運転手、企業が外部からのゲストを出迎えるときの送迎、接待があるときの送迎など、想像しているよりも多岐にわたる仕事があるようです。