ハイヤーのことを基本的なことから知ろう

ハイヤーのことを基本的なことから知ろう

「ハイヤーとは?」と聞かれて、これまで利用したことがある人はすらすらと答えられるかもしれませんが、利用したことがない人にとっては答えるのが難しいかもしれません。詳しく聞いてみると、印象として「黒塗りの高級車」「セレブが利用する車」「街中では見かけることがない」というような答えも返ってきました。多くの人はどこかで見かけたことがあるようですが、実際に利用したことがある人の方が少ないようです。しかし、ハイヤーの車両数は増えています。それは当然利用が増えているからなのです。

ハイヤーの利用が増えているといっても、ピンとこない人もいることでしょう。タクシーのように街中で手を挙げ、車を停めるようなスタイルではないため、そう思うのも無理はありません。ハイヤーは基本的に完全予約制となっていますし、予約の仕事が終われば営業所に戻るようになっているため、ハイヤーの営業所付近でもなければ、あまり見かけることはないでしょう。このように、「完全予約制」「あまり見かけることがない」ことで、より一層敷居を高くしてしまっているのかもしれませんが、利用してみるとその印象は変わります。

「このようなリラックスできて優雅に移動する手段があったのね」「費用がかかる印象があったけど、複数で乗ればそこまでない」「知らない世界を知ることができてよかった」など、乗ってみると印象がよくなるケースがほとんどです。

ハイヤーの車両は「高級車」と呼ばれる車両が使われています。国内の有名メーカーの高級車から、海外メーカーの高級車が使われていることもあり、これは会社によってどの車両を使っているのかは違いがありますが、おおむね同じような高級車となっています。日本人に高級車と聞いて、返ってくる車両名はほとんど同じかと思いますが、それらに該当します。また、最近ではお客様で人数が多い場合に対応できるように、ミニバンやバンも準備している会社がほとんどです。家族での利用や親族の利用の場合、これまで2台必要だったのが1台で済むようになることから、利用しやすくなりました。

車両が大きくなれば、1台あたりの費用はどうしても高くなってしまうと思われますが、それでもこれまでのハイヤーを2台借りることを考えれば、費用は確実に抑えられますし、友達同士やサークルなどの集まりの場合は、割り勘で支払うこともありますが、一人あたりの負担も当然軽くなるでしょう。最近は、仲間内のゴルフ送迎などで利用されることも多いそうです。

完全予約制に話を戻しますが、予約は会社によって締切日が違います。基本的に予約優先制なので、予約が入ってしまえばお断りをされることもあります。利用が決まった場合は早めに予約をした方がいいでしょう。なかには、空きがあれば利用日の前日まで予約を入れることができる会社もあるようです。予約は、電話やホームページの予約フォームなどから行えます。海外のお客様にも利用してもらえるようなハイヤー会社の場合は、時差の件があるため、基本的に24時間予約可能なところもあります。

予約時にどのようなことで利用するのか、どれくらいの時間の利用なのかなどを考慮して、見積もりを出してもらえます。多くのハイヤー会社は、最低貸し切り時間を設けており、これが2時間もしくは、3時間というように決まっています。営業所から出るところから時間がスタートしており、出迎えて目的地まで送迎し、その後営業所まで戻る時間となっているようです。距離に関してはハイヤー会社によって考慮するところと、時間のみのところがあります。また、どのようなことで利用するのかによっても費用は変わってきます。送迎だけではなく、観光がセットになっている、ハイヤーを利用したサプライズを企画している場合はオプション価格として追加料金が必要な場合もありますが、そこは見積もりのときに話があるので安心して予約できるでしょう。

INFORMATION

【2021年09月21日】 
ホームページを更新しました。