ハイヤーとタクシーの違い

「ハイヤーはタクシーとなにが違うのか分からない」純粋にそのように思われる方もいるようです。最近はタクシーのなかにも高級車に近い車両を使われている会社もあるため、そのような疑問を持たれるのでしょう。ハイヤーとタクシーは乗車するときから違いがあります。それは、ハイヤーは完全予約制であるため、急に思い立って乗りたいと思っても乗れないことです。そのため、急に乗りたいと思ったときはタクシーを利用するしかないでしょう。そう思うと、ハイヤーは使い勝手が悪いのではないかと思われる人もいるかと思いますが、そのようなことはありません。

それは、タクシーが送迎という枠でしか利用できないのに対し、ハイヤーはさまざまな利用ができるからです。もちろん、送迎もできれば、サプライズ利用、観光ハイヤー、社用車利用、海外のゲストにもしっかり対応できるのです。このように用途そのものが違うため、完全予約制という形態を取っているのでしょう。予約については早く予約をした方から埋まっていくので、直前の予約は曜日などによっては取れないこともあるはずです。とくに人気のあるハイヤー会社の場合は早めに予約するようにしたいものです。

また、両者の違いとして、料金の違いがあります。タクシーは多くの人が利用したことがあると思いますが、初乗り料金というものがあり、それに追加して距離で加算されていく仕組みです。そのため、距離が長くなれば自然と料金が上がっていき、降りるときに支払うことになります。最近は支払い方法もキャッシュレス決済が増えてきているせいか、クレジットカード払いや各種Payなどあらゆる方法があるようです。ハイヤーの場合は、予約した時点で料金が分かるシステムです。利用方法や貸切る時間によって金額が変わり、オプションを付ける場合は別料金にて付けられるようになっています。支払いは多くがそのときに支払うシステムであり、クレジットカード決済もしくは銀行振り込みなどで支払うようになっています。支払い方法については、ハイヤー会社によって違いがあるため、細かな点は問い合わせをされた方が確実でしょう。

このほかにも、使用されている車両はハイヤーについては高級車に限定されており、黒塗りのつややかな車両となっています。タクシーは会社によって使用されている車両には違いがあります。最近は燃費を抑えたタイプの車両が使われていることも多いようです。街乗りでお客様を乗せることが多いため、燃費のよい車両にすることで会社としても経費削減につながるからでしょう。